Click Here!
Click Here!
Click Here!

<各ページへジャンプ>
 TOPへ
 【序章】そもそもF1って何? どうやって行けばいいの?
 【さあ行こう】(年間予定表) チケットを取る 宿を予約する 交通手段の検討 持ち物について その他注意点
 【お役立ちコンテンツ】エリア別座席確保ランキング 園内マップ 鉄道路線図 車中泊"超"入門 リンク集
 (2003年写真館)金曜日 土曜日 日曜日
 (2004年写真館)木曜日 金曜日 土曜日 日曜日

 (2005年写真館)木曜日 金曜日 土曜日 日曜日 おまけ
 (2006年写真館)木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
 当サイトについて(規約)
 ピットウォーク当選通知が出発一週間前に来て、宿の手配やり直し、新幹線をキャンセルして急遽夜行バスで名古屋へ、さらには台風襲来で土曜日にサーキットが全面クローズ、すっぽりと行動予定に穴が開く、前日に場所取りが出来なかった為決勝日は始発で出発、土曜日中止になり近鉄特急券がある意味無駄になる、超個人的なことでは出発直前の土日に原因不明の湿疹が全身に出来たり、大きなところでは土日レーススケジュールの大幅変更になったり・・・いやー予定外のことが同時に起こりすぎて、もう何が何だか分からなかった年でした。では、また来年〜〜〜。。。
F1観戦 初心者の館

 前日宿に戻り、情報を整理。TVをつけるとフジTVでF1特番をやっていた。明日予選2回と決勝を一日でやってしまうとのこと。自由席なのに場所取りもしておらず、朝9:00から予選が始まるという多少強行気味のスケジュールとなったので、明日名古屋駅5:30の始発で鈴鹿へ向かうこととし、土曜日は夜9:00に就寝・・・

ミニカーとF1の店FORZA    チケット購入は電子チケットぴあ    F1GP生中継は⇒スカパー!初期費用無料

ブリヂストンのブースに展示されていたフェラーリのマシンです。

ブリヂストンのブースで。Mシューマッハのレーシングスーツとヘルメットです。

ブース巡り中、デンソーブース前で逆方向をパチリ。

オリンパスのブースです。

その並びにあるホンダのブースでは、T-SQUAREのライブをやってました。グランプリスクエア一帯が、お馴染み生の「TRUTH」に包まれていました。

そして、鈴木亜久里が日本人で初めて表彰台に立った時ドライブしたマシン、ラルースランボルギーニローラLC90。

そしてリジェ無限ホンダJS43。

そして、88年シーズンに16戦中15勝を飾ったという、黄金期を支えた伝説のマシン、マクラーレンホンダMP4/4。

そしてホンダのF1挑戦はここから始まった!伝説のRA271。

葉巻型RA273。

葉巻型の面影が残るRA301。

結構有名なロータスホンダ99T。

スピリットホンダ201C。

金曜日見に来たときは、雨でビニールが被っていて良く見れなかったヒストリックカー達をまずは撮影。
これはウイリアムズホンダFW09。

ようやくグランプリスクエアへ到着。奥に見えるのは全部人です。いや〜すっごい人ですとしか言いようがありません。

決勝終了後、とりあえずグランドスタンド裏にあるイベント開催エリア「グランプリスクエア」を目指し、裏ストレートから歩く。ご覧の通り人、人、人で、同じサーキット敷地の中なのに、たどり着くのに1時間程かかりました。

裏ストレートを走るロータスをパチリ。

そして、本戦スタート。大音響の中、1時間30分のバトルが続く・・・

HONDA F1記念パレードランがスタート。ロータス100Tが走ってます。

有名なマクラーレンMP4/6。

名車に乗ったF1ドライバーが次々と・・・

そしてプログラムは進み、ドライバーズパレードがスタート。うーん、やっぱりここからではちょっと遠い。

予選時、デグナーで思いっきりコースアウトして、釣られるミナルディです。

気がついたら私の定点撮影箇所となっていた、正面ゲート入ってすぐのショッピングエリア入り口から撮影。朝一番なのにもうこの混み具合。

そうこうしている間に予選スタート。これは裏ストレートエリアから見たデグナーです。

釣られるミナルディその2です。

前日場所取り出来なかったので、イベントや各ブースには一切目もくれず、観戦の場所確保を目指す。一応逆バンクエリアへ向かってみるも、既に人で一杯。しょうがないので、比較的空いていると思われる裏ストレートエリアへ素直にまっすぐ向かう。絶景のポイントは無理だったが、とりあえず適当なところを見つけて陣取る。この頃の時間朝7:30頃。

朝4:30起床、5:10駅ホーム到着。既に結構な列が出来てました。この写真は列車が入ってくる瞬間を撮りましたが、この時には写真の外にもズラーッと列が出来ていて、ホームが人で埋まってました。

白子でバスに乗り、途中ちょっとだけ渋滞にはまりながらサーキットへ到着。人の流れに沿って正面ゲートを目指す。ちなみにこの頃の時間朝7:00頃。

そして、その車中をパチリ。体感乗車率は190%!本当に隙間がない位のラッシュで、このままの状態が名古屋から白子まで続きました。現に途中の駅で「リタイア」し、降車する人を何人か見掛けました。これが1本便を遅らせると若干違っていたようですが・・・
inserted by FC2 system